2013年03月16日

学会誌より その3


「科学的事実」もパラダイムの船の中

 では、どのようにすればその日はやってくるのか。
 〈旧〉の理論の重要な部分が〈客観的な証拠〉として示された〈科学的事実〉によって否定されたとき、その日はやってくる・・・と私は漠然と考えていた気がする。
 例えば16年前、私はNHK教育スペシャル『人間はなぜ治るのか』三本シリーズで数人の自然退縮者の体験を、テレビ史上はじめて詳細に紹介した。
 再発・転移はもちろん、一晩に二度も意識不明に陥るほどの末期ガンも自然退縮するという事実を〈客観的な証拠〉とともに提示したのである。
 〈旧〉の理論的支柱のすべては、ウィルヒョウのガンの定義「ガン細胞は宿主が死亡するまで増殖する」に発しているのだから、自然退縮者の存在をいう〈客観的な証拠〉によって〈旧〉はその理論的根拠を否定され、となればやがてパラダイムシフトは必然、と私は思った。素朴に。
 が、結果は〈旧〉の医師たちにコントロールされたマスコミジャーナリズムから執拗なバッシングを受けただけ。彼らの牙城はみじんも揺るがず、当然のことながら、パラダイムシフトなど起こりようも無かった。
 私は傷ついた。そして、科学的事実に背いてまで、根拠の無いバッシングを繰り返す医師やジャーナリストたちの人間性と人格に深い疑念を抱く。
 だが、あるとき科学哲学者T・S・クーンの言説に出会い、その見方を大きく修正しつつ今に至っている。
 クーンはまず、観察者の主観にまったく影響されない〈純粋に客観的な事実〉や〈純粋無垢な生の事実〉などは存在せず、あるのはただ、パラダイムの理論的枠組みという色眼鏡を通した事実に過ぎないと主張する。
 つまり。科学者たちが何を〈事実〉や〈データ〉と見なすかは、彼らがどのパラダイムに属しているかによって大きく影響される。
 もっと言えば、データは理論的背景によって、汚染されているというのである。
 クーンと同世代の科学者N・R・ハンソンは、パラダイムのこのような性質を「目の背後の眼鏡」であると比喩した。つまり科学者はまったく意識していなくとも、あらゆるデータや事実は、生まれときからすでに汚染されていると断じたのだ。
 日頃私は、「人が何かを信じるのは、信じるに足る根拠があるからではなく、ただそれを信じたいから。つまり人は、信じたいものしか信じない」のだと考えている。
 けれどもこれはあくまでも日常生活の範囲においてであって、いやしくも科学者がその研究の場において、色眼鏡をかけて観察し実験しデータを導いているとは・・・驚くほか無かった。
       (つづく)