2013年03月09日

カハル、世界への旅 第三回


妙な気分

 そして翌日。
 私は、古びた自動ドアが開くのを待ちきれないような高ぶる気持で、CDショップの店内に足を踏み入れた。MISIAのあの疑惑のCDを交換してもらうために・・・。
 疑惑? そう。私は確信したのだ。妻と二人で力を合わせても、さっぱり歌詞が聞きとれないのは、きっと、CDが壊れているせいだ。今まで、どこでも聞いたこともない奇妙なメロディーであることも、そのせいに違いない。レコードの針が飛ぶみたいに・・・と。
 だから、買った店で正常なものに交換してもらう・・・至極当然のことだ。
 が、次の瞬間だった。
 「待てよ?!」と、思った。
 何事にもせっかちな私には、めったにないことだが、何かこのまま勢いにまかせて行動してはいけないような、何とも言えない、慎重な、後ずさりするような気分に襲われたのである。
 「待てよ・・・もしかして壊れていない可能性もないわけではない。ゼロではない。その場合・・・恥を・・・うーん、待て」
 で、一、二、三秒。私は決心した。もう一枚、同じものを買おう!


壊れているのは、何?

「どうだった?」
 妻が、そっと、私にたずねた。
「うん、二枚ともいっしょだった」
「ふーん」
 その後は、二人とも無言。
 疑惑のCDも、新たに買ったものも・・・二枚とも、まったく同じように、〈とっても変〉に聞こえる。
 私は、この冷厳な事実が意味することを、じっと受け止めていた・・・なんて書くと、まるで命がかかっているような、何か重大なことに思えてしまうけれど、なんてことないのさ。二枚とも同じということは、CDは壊れていないということなのさ。でもって、壊れているのは、私の耳かもしれないってことなのさ・・・。ねっ、論理的にそうなるってだけのこと。


アンケートだって?

 数日後。
 私は、アンケート用紙に、十分な筆圧をかけて書きこんでいた。MISIA『眠れぬ夜は君のせい』と。
 えっ? 話が飛びすぎてわからない? 順序立てて話してくれって? 
 はいはいはい・・・あのですね、この日私は、あるミュージックスクールに来ていたのです。何のためにって・・・そりゃ、あなた、決まってるでしょ。レッスンを受けにきたのです。
 えっ? どうしてまた? 
 どうしてって、MISIAの『眠れぬ夜は君のせい』を上手に歌えるようになりたいからです。
 えっ? だってその曲、まったくわけが分からなかったんでしょ? CDが壊れてると思ったくらいに、それがどうしてまた?
 あーっ、もう。あんたも少しは自分の頭で考えたらどうなの? まったく。ともかくですね、今どきの若い人は、こんな歌が好きなのか、 だったら、俺も歌ってみたいなって、それだけだよ。
 で、渡されたアンケート用紙をみたら、「あなたの好きなアーティストや曲を教えてください」ってあるから、正直に・・・。


青虫と毛虫

「おーっ、凄いですね。MISIAさんがお好きなんですか」
 アンケートを見ながら、若い男の先生が、何とも良く響く快活な声を張り上げた。
 曖昧な笑顔を張りつかせて戸惑う私にお構いなしに、先生は・・・。
「いやー、なぜかちょうどここに『眠れぬ夜は君のせい』の楽譜があったりなんかして、どうぞどうぞ、さっそく、歌ってみましょうか」
 強引にスタジオへと私を案内し、早くもピアノを引き出したではありませんか。
 凄いと思った、心底。
 先生のピアノがではなく、歌い出した、私自身のことが。
 そうなのですよ。リズムもメロディーも、サッパリ何のことやらわからず、かてて加えて、歌詞も聞き取れず、歌詞カードの文字も小さくて読めず・・・なのに、私は、歌ったのですよ、実際に声も出して、何事かを。
(そのとき、どんな歌詞で歌ったのか今もどうしても思い出せない。というか、思い出すのが、怖い)。 
 でも、ともかく、歌った。出来不出来はさておくとして、ともかく歌った。で、あなたの意見をお聞きしたいのだけど・・・ピアノの音に対するこの反射神経って、もしかしたら、才能?
 でないことは、先生の表情をみて、瞬時に私にも理解できた。
 青虫と毛虫を、交互に並べるんです、交互に。青、毛、青、毛、青、毛という風に、数十匹。でもって、その上に、うっかり素足で
乗っちゃった・・・そんなお顔でした、先生は。
 堀井先生、その節は、本当に本当に、ごめんなさい。
             つづく



【カハル、世界への道の最新記事】
posted by 川竹文夫 at 17:08| カハル、世界への道