2013年02月06日

第一回 すべては幸せの前ぶれ


私が代表を務める『NPO法人ガンの患者学研究所』には、テーマソングがあります。けれど残念ながら、会員さんにもあまり知られてはいない。
 タイトルは『笑顔の虹』と言います。 
 あっ、ね、ほらっ!
「そんなのあったの!? 私、入会三年になるけど」って・・・たった今も、驚く声が聞こえてきた。とまあ、こんな具合に知られていません。ひとえに、私のPR不足のせいです。
 というわけで(そのうち動画で聞いていただけようにするつもりですが)、とりあえず歌詞だけでも紹介しますね。ちなみに作詞は、この私、川竹文夫です。


『笑顔の虹』

(作詞・川竹文夫 作曲・堀井信矢)

黒い雲から こぼれ落ちた
ひと粒のひと粒の 孤独な涙
いとしい人の頬を濡らし
それが私たちの始まりだった
たどりつくそこは 勇気育む 青い海
気がつけば 声合わせ 歌ってた
すべては 幸せの前ぶれだから
すべては 幸せの前ぶれだから

始まりはすべて 小さくて
ひたむきに ひたむきに 歩みを重ね
それが私たちの 誇る旅だった
たどりつくそこは 幸せひらく青い空
涙たち 笑顔の虹に なってゆくよ
すべては 幸せの前ぶれだった
すべては 幸せの前ぶれだった

ああ 世界に 幸せの橋架けて
笑顔の虹は 語り告げ
すべては 幸せの前ぶれだから
すべては 幸せの前ぶれだから



『笑顔の虹シンガーズ』 
 
 さてここで、注目していただきたいのは、三度出てくる、サビの歌詞。
「すべては幸せの前ぶれ」と、繰り返されるのだけれど、「・・・だから」と続くのは、
一回目と三回目。二回目のサビだけは、「・・・だった」となっている。
 ここが、要注意なのです、歌うときに。もう一度言います。ここが要注意。
と、何度注意を促しても、ついつい、二回目のサビも「すべては幸せの前ぶれ・・・だから」と歌ってしまいがちなのですよ。
これもあまり知られていないことですが、歌好きの会員仲間で作ったグループがあります。その名も〈笑顔の虹シンガーズ〉。
今は訳あって冬眠中だけど(またやろうね、みんな)、練習では毎回必ずこれを歌うにも関わらず・・・それにもかかわらず、間違える人がいるのです。


要注意人物

 歌詞は言うまでもなく、突然のガン宣告から今日までの、自分たちの心の歩みそのもの。
その上、曲がまたいい。まさに堀井先生渾身の名曲。なので、いやが上にも盛り上がる。気分も乗って、涙さえ胸にせり上がってきて、いよいよ、二回目のサビが近づいてくる。
 と・・・あれだけしつこく、「二回目のサビは〈だった〉だからね、〈だった〉だよ」と、言い聞かせていたにも関わらず、ついつい感情の波に飲みこまれて・・・気がつくと「だから」と歌ってしまっているではないですかぁ。後悔すでに遅し。覆水盆に返らず。「またやっちゃったよ、どうしよう」なんて、嘆く間もなく、曲は一切お構いなしに、進行してゆく・・・。いけないっ! てんで必死で気分を立て直しつつ、曲について行こうとするのだけれど、ついつい、「ホントにもうっ、あれだけ注意しろって言ったのにぃ!」と、実りのない自己批判が鎌首をもたげてきて、失敗が失敗を呼ぶことになりかねなく・・・。
 えっ? どうして、そんなに失敗した人の心理描写が、リアルなの?・・・ですか。フッフ。それはね、いつも失敗するこの人は、ほかならぬ、作詞者である私本人だからなのです。
 メンバーには、さんざん言われました。
「全部、〈だから〉にすればいいのに、どうしてわざわざ、〈だった〉なんかにしたのっ!自分で自分の首絞めてるじゃないですかぁ」
 (つづく)
 


posted by 川竹文夫 at 10:25| 心の弁当箱