2013年02月28日

心の弁当箱 4


幸せ

 末の娘が、間もなく結婚式をあげる。
 式などしないだろう。しても私服の気楽なパーティーのようなものに違いないと、勝手に考えていた。ところがそうではないらしい。小ぢんまりとした簡素な式ではあるけれど、父親の私には一応、タキシードなど着てほしいようなのだ。
 娘からの、そんな相談メールをいささかの当惑と共に読みながら、私は小さな想像に遊んでいた。
「幸せにしてね」
 などと、彼氏に言ったのだろうか、ドラマみたいに。
「幸せにするよ」
 などと、彼氏は、答えたのだろうか。あるいは、娘に聞かれる先に、宣言したのだろうか。小説みたいに。
 でもね、と私は想像の中で、お節介をはじめる。
「でもね、幸せは、なるものじゃない。感じるもの、気づくものだよ」


感じるもの、気づくもの

 ガンになる前の私は、どうすれば、幸せになれるのか、成功を追い求めて猛烈に働きながらも、それが分からなかった。成功すれば、幸せになれるかもしれないと、ぼんやり期待していながら、成功して不幸せになる人を、たくさん見ていたから・・・。
 けれど、ガンになって、初めて気づいた。
 幸せは、気づくもの、感じるものだと。
〈なろう〉と、もがいているうちは、幸せに気づいていないのだから、いつまでたっても、なれない。
 でも、感じる能力があれば、「なんだ、もうすでに、なっていたんだ」と気づくことができる。
 だから今。
 私は毎日、何度もつぶやく。「幸せ、幸せ」と。妻も何度も歌うように言う。「幸せ、幸せ」と。

 いつのころからか、こんなことを思うようになったのは、きっと、私を全身で可愛がってくれた、祖母のおかげ。
 何かの、シンクロニシティなのだろう、ずいぶん前に、そんな祖母に寄せて書いた小さな詩が、ひょいと出てきた。
 この詩、若い二人に贈ろうかな・・・でも、お節介は嫌われる。だからあくまでも、想像の中、ここだけのことにして・・・。



青の蛍

 夕焼けに包まれて
 ばあちゃんの小さな背中から
 ゆらゆらと 思い出が 
 のぼってゆく
 蛍のように

 黄色はよろこび
 青はかなしみ
 ずっと多いのは
 青の蛍
 でも ばあちゃんの
 口ぐせは
 「幸せな一生やった」


 神さん
 もしいるなら
 ばあちゃんを
 そっと抱いてやってくれないか

 ばあちゃんの痩せた背中から
 ゆらゆらと 思い出が 
 のぼってゆく
 蛍のように
 黄色は少し
 ずっと多いのは
 青の蛍

 でも  ばあちゃんの
 口ぐせは
 「幸せな一生やった」

 神さん
 ここに来て
 ばあちゃんを
 おもいっきり
 抱きしめてやってくれないか


posted by 川竹文夫 at 10:30| 心の弁当箱

雨の日もいい天気 5



ガン患研では、

ガンを治した人のことを

〈治ったさん〉と呼ぶ。

NAOTTASANを世界の辞書に。

それが、〈治ったさん〉を次々と輩出する

ガン患研の仲間の、壮大な夢。



posted by 川竹文夫 at 10:19| 雨の日もいい天気

雨の日もいい天気 4


私は、本来とても、ものぐさ。

犬は大好きだけど世話は面倒。

だから、もっぱら、ぬいぐるみに限定。

これで十分、可愛い。


posted by 川竹文夫 at 10:16| 雨の日もいい天気

雨の日もいい天気 3


たっぷりと汁を吸って、まん丸に膨らんでいる。

噛むと口の中に汁が飛び散って

ものすごく酸っぱい。

たちまち鼻の頭に汗がぷつぷつ噴き出してくる。

子供のころのあんな梅干し、また食べたい。



posted by 川竹文夫 at 10:07| 雨の日もいい天気

2013年02月24日

学会誌より その1


 以下は、2008年4月に開催された『日本ウェラー・ザン・ウェル学会シンポジウム・責任をとればガンは治る』第一号記念誌からの再録です。
 はじめに、このシンポジウムの性格を知っていただくため、表紙裏に掲載された、私のメッセージをお読みください。

 
メッセージ
学び合おう、心ゆくまで
川竹文夫 日本ウェラー・ザン・ウェル学会理事長


 ガン医療は、〈すがり〉と〈支配〉の歴史であった。
患者は治療者の権威にただすがり、治療者は患者の無知と依存心を支配し・・・。
 かくて、ガン死亡者は、年間33万人。
 しかしこの日。
 ガンの自然退縮者と医師たちとの真摯な共同作業が、ガン医療の新たな扉を開け放つ。
 キーワードは、〈責任をとる〉。
 4人のガンは、何故、自然退縮したのか?
 新たに自然退縮を目指す3人の方法は? 医師と治療の役割は?
 そして病の意味は?
 患者も医師も、会場に集うすべての人たちは、共に〈病に学ぶ同志〉。
 徹底的に学び合いたい。



以下は、本文の文章です。

第一回シンポジウム記念エッセイ

こっちのみーずは
あーまいぞ


パラダイムシフトの時
 シンポジウムの一日、私の胸を激しく打ち続けて止まない言葉があった。
 それは、「パラダイムシフト」。
 パラダイム(PARADIGM)とは、ある時代や社会の基本となる理論的な枠組み。規範となる物事の考え方。もっと砕いていうなら価値判断の基準や物差しのことであり、例えば、天動説や地動説もそのひとつ。
 そしてパラダイムシフトとは、天動説が否定されて地動説にとって変わったように、それまで時代を支配していたものの見方が根こそぎ変わることである。
 では、現代のガン医療を支配するパラダイムとは、どのようなものか?
 「ガンは無限に増殖する」である。
 そう。19世紀の細胞病理学者ウィルヒョウがガンを定義づけたあまりにも有名なあの言葉が今なお、パラダイムとして生き続けている。
 つまり、現代に生きる世界中のほとんどの人たちが・・・医者も患者もその家族も、あるいは自分だけはガンにならないと無邪気に思い込んでいる膨大なガン予備軍も・・・いったんガンについて考えをめぐらせ、何らかの判断をくだそうするときには否応無しに、「ガンは無限に増殖する」ものだという〈理論的枠組み〉から逃れられない。
 だから。もし彼が医者なら、ガンは見つけ次第一刻も早く、手術で切って取るべし、放射線で焼き殺すべし、抗ガン剤で毒殺するべし。
 もし彼が患者なら、それに黙って従うどころか、医者以上に積極的な場合さえ珍しくない。家族であっても事情は同じだ。
 まるで、三大療法一辺倒が絶対に守るべきルールであるかのごとく、人々をして振る舞わせてしまう。
 ちなみに私はウィルヒョウの定義から生まれたこのパラダイムを、〈旧パラダイム〉と呼んでいる。
 となれば、〈新パラダイム〉とはどのようなものか。言うまでもなく、シンポジウムのあの日、会場を埋め尽くした私たち同学の士が共有するパラダイムこそ、それ。すなわち。
 「ガンは、自然治癒する」である。
 だから。医者は、三大療法のように、患者の自然治癒力を妨げる野蛮を極力遠ざけ、それを応援し持ち上げる手段をさまざま試みることになる。
 患者であれば、ガンに対する恐怖心・・・〈旧パラダイム〉を信奉する圧倒的多数者から刷り込まれたものだが・・・と戦いながらも、生活習慣の改善に取り組むことで、自然治癒力を最大限にまでたかめるべく努力する。
このように〈旧〉と〈新〉では、考え方の方向が出発点からしてすでにまったく異なるのだ。
 しかもパラダイムの影響力は、治療法の選択だけにとどまらない。
例えば、ガン発病の原因。
〈旧〉では、不明だと考える。正常な細胞がある日、原因もなく、突然変異をするらしい。これも、かのウィルヒョウが言ったことだが。
〈新〉では、生活習慣の乱れ、あるいは不自然な生き方であると明確に捉えている。
例えば、ガン発病の意味。
〈旧〉では、単なる運の悪い偶然としか考えない。なにしろ原因さえ分からないのだから、意味など、とてもとても。だから、患者はつぶやく。「まったく、ついていない。私が一体何をしたんだというんだ」
しかし〈新〉では、他ならぬ患者自身の心と身体を傷つける、その辛く不自然な生き方を改めなさいという、呼びかけ、あるいはメッセージであると捉える。
だから彼らはやがて、微笑んで言う。「ガンになって、本当に良かった」と。
(つづく)